FC2ブログ

花一匁 K.Hanada

山野草&高山植物や撮り鉄などを主に掲載しています。

 

青森県の絶滅危惧種No,58 イイヌマムカゴ(飯沼零余子)

青森県の絶滅危惧種No,58 イイヌマムカゴ(飯沼零余子)

郊外の山に珍しい山野草が咲いていると、山友T君からメール。早速、同行して撮影しました。虫眼鏡で見なければ解らないほどの小さい花は、イイヌマムカゴ(飯沼零余子)。漢字表記は人名みたいな山野草です。 イイヌマムカゴ(飯沼零余子)ラン科ツレサギソウ属の多年草。花期は7~8月、草丈約30cmの茎の中ほどに、長楕円形で縁が波打つ大きな葉を2枚つけ、茎先に淡緑色の花を穂状に多数つける。唇弁はやや白く舌状である。...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

7月最後の庭花はキキョウ(桔梗)&ネジバナ(捩花)

7月最後の庭花はキキョウ(桔梗)&ネジバナ(捩花)

今日で7月も終わりです。早いですね。今回は庭先に咲く7月最後の花の紹介です。ご笑覧ください。  キキョウ(桔梗)キキョウ科の多年草。これは園芸種のトルコキキョウ ネジバナ(捩花)ラン科の多年草 アジサイ(紫陽花)とオリヅルラン(折鶴蘭)  ミヤマトウキ(深山当帰)とムクゲ(木槿)園芸種です  オニユリ(鬼百合)葉腋にムカゴがあります 庭の草むらではカワラヒワ、網戸越に撮影...

... 続きを読む

* Category : 庭に咲く花々(myガーデン)

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

八甲田大岳の山野草&高山植物②

八甲田大岳の山野草&高山植物②

前回に引き続き、八甲田大岳の山野草&高山植物②の紹介です。アイウエオ順に分けて掲載しています。今回は「ハ」~「ワ」までの花をアップさせていただきました。  ハクサンシャクネゲ(白山石楠花)ツツジ科の低木(左)ハクサンチドリ(白山千鳥)ラン科の多年草(右)  ハクサンボウフウ(白山防風)セリ科カワラボウフウ属の多年草(左)ハナニガナ(花苦菜)キク科ニガナ属の多年草、白花(右)  ...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

八甲田大岳の山野草&高山植物①

八甲田大岳の山野草&高山植物①

八甲田大岳登山で観た山野草&高山植物①の紹介です。アイウエオ順に2回に分けて掲載させていただきます。今回は「ア」~「ノ」までの花をアップしました。コメント欄は休みです。コーヒーでも飲みながら、ご笑覧ください。  アオノツガザクラ(青の栂桜)ツツジ科のツガザクラ属の常緑小低木(左)大岳の北斜面は雪融けが遅く、春の花が今咲き始めていました。アカモノ(赤物)ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

今秋のブナの実は凶作!!熊に注意

今秋のブナの実は凶作!!熊に注意

林野庁東北森林管理局によると、今年のブナの開花状況から判断、秋の結実状況は青森県は凶作と発表されました。よって今秋は、熊が里に出没する可能性が多くなる予想と、地元放送局が昨日のニュースで報じていました。確かに今春、山を歩いてもブナの花が少ない感じでした。東北森林管理局では、青森・秋田・岩手・山形・宮城各県で、計145箇所の開花状況を毎年度調査しているそうです。(今年度は道路決壊等で140箇所調査)その内...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

キンコウカ(金光花)で染まる八甲田毛無岱

キンコウカ(金光花)で染まる八甲田毛無岱

八甲田大岳登山で観た群生する花のもう一つはキンコウカです。毛無岱湿原は緑の草原に黄色い花が広がっていました。曇り空で画像がイマイチですが、ご笑覧ください。コメント欄はです。  キンコウカ(金光花)キンコウカ科の多年草。バックは八甲田大岳。上毛無岱 花期は7~8月、花茎の先に6片の黄色い花を付けます。何れも上毛無帯です  草丈は20~40cm、総状花は下から上に向かって咲きます。一番上が開花...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

ヤマサギソウ(山鷺草)&コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)

ヤマサギソウ(山鷺草)&コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)

ラン科ツレサギソウ属は同定が難しい種です。草原の中に咲く場合は、茎下の葉が確認できません。自分は苦手な分野です。花名が違っていましたら連絡ください。  ヤマサギソウ(山鷺草)?ラン科ツレサギソウ属の多年草。オオキソチドリ(大木曽千鳥)ラン科ツレサギゾウ属の多年草。花友Nさんから教えていただきました。ありがとうがざいます。右画像は草丈が特に長く細く、もしかすると違うかもです  バックの山...

... 続きを読む

* Category : ラン科の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

イワブクロ(岩袋)の群生in八甲田

イワブクロ(岩袋)の群生in八甲田

今回は北八甲田連峰の井戸岳に群生するイワブクロの紹介です。大岳にも一部咲きますが、花の数は比ではありません。それではイワブクロの群生をご覧ください。  イワブクロ(岩袋)ゴマノハ科の多年草。別名は樽前草(たるまいそう)、北海道の樽前山に多く自生 北海道から東北地方の高山帯に分布する高山植物。井戸岳の登山道沿いに群生します 井戸岳外輪山をバックに撮影、ちょうど咲き始めでしばらく観られ...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

コイチヨウラン(小一葉蘭)

コイチヨウラン(小一葉蘭)

青森県の高山帯の登山道沿いに自生していました。細い茎、小さな花、1枚の葉が特徴です。 コイチヨウラン(小一葉蘭)ラン科コイチヨウラン属の多年草。花期は7~8月、草丈10~20cmの細い茎先に2~5個ほどの淡黄緑色の花をつけます。葉は広卵形で基部が心形で、花名の通り1枚持ち、北海道、本州中部以北、四国の一部に分布。ここでは登山道沿いの竹薮手前、他の山野草の葉に同居しながら自生していました。  コンデ...

... 続きを読む

* Category : ラン科の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)の群生

エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)の群生

先日(7/23)、岩木山に咲くエゾノツガザクラの自生地を訪れました。ちょうど花期に間に合ったようです。 エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)ツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。花期は7~8月、枝先に2~7個の6~8mmの壷状の花を付ける。マルハナバチなどが受粉を行っている。典型的なエゾノツガザクラの花冠はやや細めだが、アオノツガザクラとの雑種は花冠が丸っぽくなり、色も薄めになる。北海道から東北地方以北の高山帯の適...

... 続きを読む

* Category : 山野草&高山植物

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *