FC2ブログ

花一匁 K.Hanada

山野草&高山植物や撮り鉄などを主に掲載しています。

 

明日から水無月、最近の庭花(15.05.30)

明日から水無月、最近の庭花(15.05.30)

今日で皐月が終わり、明日から早くも水無月です。我が家の庭のも賑やかになりました。昨日、マクロレンズで撮ったです。ご笑覧ください。  アジュガ(西洋十二単)シソ科キランソウ属の多年草 エピデンドラム(Epidendrum)ラン科の多年草。花期が長いので楽しめます。画像がボケました オダマキ(苧環)キンポウゲ科園芸種   ギョウジャニンニク(行者葫)ネギ亜科ネギ属の多年草(左)&クリンソウ(...

... 続きを読む

* Category : 庭に咲く花々(myガーデン)

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

フデリンドウ(筆竜胆)&アヅマギク(東菊)

フデリンドウ(筆竜胆)&アヅマギク(東菊)

里山の日当たりの良い草地に咲く山野草青系のが綺麗でした。  アヅマギク(東菊)キク科ムカシヨモギ属の多年草 ガマズミ(莢蒾)スイカズラ科の落葉低木(左)&コキンバイ(小金梅)バラ科ダイコンソウ属の多年草(右)  フデリンドウ(筆竜胆)リンドウ科の越年草  ホタルカズラ(蛍葛)ムラサキ科ムラサキ属の多年草(左)&ミツバツチグリ(三葉土栗)バラ科キジムシロ属の多年草(右)&nbs...

... 続きを読む

* Category : 黒森山の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

弘前城天守北側の発掘調査開始(15.05.26)

弘前城天守北側の発掘調査開始(15.05.26)

弘前城本丸北側(長さ約45m、幅10m)の発掘調査が、昨日から始まりました。13年から始まっている調査は、今年度もいよいよ再開です。このエリアの発掘調査は11月まで実施予定だそうです。  本丸北側(長さ45m、幅10m)の今年度発掘対象エリア 夏日の暑い中、発掘調査が再開です。昨日は多くの報道陣も取材していました   先日当ブログで紹介した、樹木の移植作業及び、天守閣足場組立て作業も同時に行わ...

... 続きを読む

* Category : 弘前城石垣修理事業

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)が綺麗な田代平湿原

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)が綺麗な田代平湿原

山野草が豊かな田代平湿原。ピンクの可愛いヒメシャクナゲが見ごろでした。田代平湿原はこれから、レンゲツツジ、ワタスゲが咲き始めます。他にみられた山野草と併せて紹介させていただきます。  エゾタンポポ(蝦夷蒲公英)キク科の多年草。すぐ近くにはセイヨウタンポポが多く見られます ズダヤクシュ(喘息薬種)ユキノシタ科の多年草&花の拡大画像  ツマトリソウ(褄取草)サクラソウ科の多年草(左)&...

... 続きを読む

* Category : 田代平湿原の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

オオタカネバラ(大高嶺薔薇)は高嶺の花

オオタカネバラ(大高嶺薔薇)は高嶺の花

昨日は山友さんと観察でした。花期を見計らってオオタカネバラの自生地を訪れましたが、最近の異常気象で花もタジタジのようです。 オオタカネバラ(大高嶺薔薇)バラ科バラ属の落葉低木。別名オオタカネイバラ。樹高は1~1.5mになり、枝はよく分岐し、帯白色の刺針が多生する。葉は奇数羽状複葉で、5~7個の小葉からなり、小葉は長さ6.5cm、幅約3.5cmと大きく、小柄をもち、長楕円形から楕円形になる。葉の羽軸に腺と小刺が...

... 続きを読む

* Category : 山野草&高山植物

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

岩木山の夕景とサギゴケ(鷺苔)

岩木山の夕景とサギゴケ(鷺苔)

昨日、近くの田んぼの畦道から見た岩木山の夕景です。田植えがほぼ終わり、水面が赤く染まっていました。今回の書庫は「山野草」or「故郷の岩木山」?迷いましたが岩木山を優先です。  昨日は気温が高く山が霞んでいました 畦道に咲くサギゴケと岩木山  サギゴケ(鷺苔)ハエドクソウ科の多年草。和名は花の形が鷺に似ていることから。本州、四国、九州の湿ったあぜ道などの日当たりの良い場所に生ええう...

... 続きを読む

* Category : 故郷の山 岩木山

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

弘前城天守曳屋工事準備は着々と進行中

弘前城天守曳屋工事準備は着々と進行中

弘前城天守曳屋工事は先週足場の基礎枠設置が完了し、曳屋移動ライン上の樹木移植が始まりました。ツツジは同じエリアの西側に、他の木(イチイ2本・サクラ)は弘前市公園緑地課の樹木医が適期を判断し、北の郭に移植するようです。移植のため根から掘り起こしますが、周りからカワラや陶器の欠片が掘り出されていました。曳屋工事の準備は着々と進み、曳屋見学用のステ-ジ作成工事も始まっています。実際に曳屋工事が始まるのは8...

... 続きを読む

* Category : 弘前城石垣修理事業

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

茶臼山公園の山野草in大鰐町

茶臼山公園の山野草in大鰐町

弘前市と隣接する大鰐町。昨日~31(日)まで「大鰐つつじまつり」が開催中です。植生が豊かな茶臼山、自分は山野草の観察が主でした。  ヤマシャクヤク(山芍薬)ボタン科の多年草 ウラシマソウ(浦島草)サトイモ科テンナンショウ属の多年草(左)&コウライテンナンショウ(高麗天南星)サトイモ科の多年草(右)  ツリバナ(吊花)ニシキギ科の落葉低木&コマユミ(小真弓)ニシキギ科落葉低木  ム...

... 続きを読む

* Category : 山野草&高山植物

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

ミツバアケビ(三葉木通)

ミツバアケビ(三葉木通)

最近、山で一番目立つ蔓性、ミツバアケビ。綺麗なではありませんが個性的なです。 ミツバアケビ(三葉木通)アケビ科アケビ属の落葉性つる性木本で雄雌同株。茎が他の樹木にからんで這い上がり、太いもので直径2cmになる。葉は互生し、掌状複葉で小葉は3枚。小葉は長さ2~6cm、幅1.5~4cm、形は卵形から広卵形。ふつうは落葉性であるが、葉は越冬する場合がある。花期は4~5月。新葉のわきから総状花序を下垂または下曲させ、...

... 続きを読む

* Category : 山野草&高山植物

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

沢筋にひっそりとノビネチドリ(延根千鳥)

沢筋にひっそりとノビネチドリ(延根千鳥)

山菜採りで沢筋を歩くと、目の前にひょっこり現れる自然のままに今、咲き始めです。 ノビネチドリ(延根千鳥)ラン科テガタチドリ属の多年草。茎は太く円柱形で直立し、高さ30~60cmになる。葉は5~10個が茎に互生し、葉身は楕円形~狭長楕円形で、長さ7~15cm、幅2~6cm。先端は尖り、縁は波状に縮れ、3~5筋の葉脈が目立つ。葉の基部は鞘状になって茎を抱く。花期は5~7月で、淡紅紫色の花を穂状に多数つける。苞は花と同じ...

... 続きを読む

* Category : ラン科の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *