FC2ブログ

花一匁 K.Hanada

山野草&高山植物や撮り鉄などを主に掲載しています。

 

岩木山山麓の花(13.07.30)

岩木山山麓の花(13.07.30)

昨日は所用の前に、孫達と岩木山山麓に出かけ、蝶やトンボ、バッタなど昆虫捕りを楽しんできました。その合間に出遭った山野草を紹介します。ご笑覧ください。  ノリウツギ(糊空木)、アジサイ科アジサイ属の落葉低木 低木でも高いものは数mにもなり、今は数多く咲いています オカトラノオ(丘虎の尾)、サクラソウ科オカトラノオ属の多年草 蝶はヒョウモンチョウ?昆虫に疎い自分です ノハナショウブ(野...

... 続きを読む

* Category : 岩木山の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

アジサイ咲く散歩道(13.07.28)

アジサイ咲く散歩道(13.07.28)

いつもの犬の散歩道。昨日のゲリア豪雨で、長四郎公園の紫陽花がずいぶん傷みました。今朝の紫陽花の様子です。       公園内の草の中には、ネジバナが多く自生しています。                                                                                              ...

... 続きを読む

* Category : いつもの散歩道

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

グリ-ンカ-テン、果たしてこの夏は!!

グリ-ンカ-テン、果たしてこの夏は!!

我が家のグリ-ンカ-テン、機能を果たす前に夏が終わるかも知れません。今朝の東、南、西のグリ-ンカ-テンの様子です。   東側。アサガオの蔓が延びていますが果たして!! 南側①、アサガオ 南側③、アサガオ。何れも一輪だけ咲いていました 南側③、以前にも紹介した玄関脇のセンニンソウ、一部アサガオこれは十分な機能を果たしそうです 西側、ヒョウタンとアサガオ ...

... 続きを読む

* Category : 庭に咲く花々(myガーデン)

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

ネジバナ(捩花)

ネジバナ(捩花)

ネジバナ(捩花)ラン科ネジバナ属の多年草、根茎は短く、肥厚した根が数本束生する。葉は大部分が根生する。4~8月、高さ10~40cmの花茎の先に毛のある花序をつくり、小花を螺旋状に蜜に並べる。花は紅紫色で唇弁は白色。距は無い。日本全土の草地や崖などに生え、都市の芝生にも多い。基本種ナンゴクネジバナは花序に毛がない。花名は、花序がねじれることに由来する。別名はモジズリ(綟摺)。     &n...

... 続きを読む

* Category : ラン科の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

八甲田大岳の今の花々(山頂~井戸岳~登山口)13.07.20

八甲田大岳の今の花々(山頂~井戸岳~登山口)13.07.20

昨日掲載した登山口~山頂までの花々の紹介に引き続き、今日は山頂~井戸岳~登山口までに出遭った花々の紹介です。高山植物編が続きますが、お付き合いください。尚、登山口~山頂編は下記をクリックしてご覧下さい。八甲田大岳の今の花々(登山口~山頂) http://blogs.yahoo.co.jp/ydpcb263/18014991.html   ウサギギク(兎菊)、キク科ウサギギク属の多年草 大岳山頂付近に多く自生しますが終盤です ...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

八甲田大岳の今の花々(登山口~山頂)13.07.20

八甲田大岳の今の花々(登山口~山頂)13.07.20

八甲田大岳登山で出遭った花々を2回に分けて掲載させていただきます。今日は酸ヶ湯登山口P~大岳山頂の区間に咲く花と果実の紹介です。  ベニバナイチゴ(紅花苺)、バラ科キイチゴ属に分類される落葉低木 八甲田ではそろそろ終盤です コメススキ(米薄)、イネ科コメススキ属の多年草 風に揺られていました。露が付着すると綺麗です シラタマノキ(白玉の木)、ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木 実が...

... 続きを読む

* Category : 八甲田大岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

庭のノウゼンカズラ(凌霄花)

庭のノウゼンカズラ(凌霄花)

我が家の庭に咲くノウゼンカズラ、トドマツに絡み7mくらい上まで達しています。先に最上部が開花しました。その他の花と一緒にご覧ください。  ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属のつる性木本 中国原産で平安時代に渡来したといわれます コムラサキ(小紫)、クマツズラ科ムラサキシキブ属の落葉低木 秋には紫の実が蜜に出ます ギボウシ(擬宝珠)、クサスギカズラ科リュウゼツラ...

... 続きを読む

* Category : 庭に咲く花々(myガーデン)

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

秋田駒ヶ岳で出遭った花たちPart2(13.07.15)

秋田駒ヶ岳で出遭った花たちPart2(13.07.15)

午後から雷雨に遭った今回の山行は、天気はイマイチでしたが、多くの花々が出迎えてくれました。昨日に引き続いて、秋田駒ヶ岳に咲く花を掲載させていただきます。  ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)、キク科ウスユキソウ属の多年草 花期が終盤のようで、少し色がくすんでいました。 キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)、スミレ科スミレ属の多年生植物 和名にスミレが付かない、数少ないスミレの種。花期が終わ...

... 続きを読む

* Category : 秋田駒ヶ岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

秋田駒ヶ岳で出遭った花たちPart1(13.07.15)

秋田駒ヶ岳で出遭った花たちPart1(13.07.15)

昨日(7/15)、山友Sさんと秋田駒ヶ岳の花散策に行って来ました。天気が心配でしたが、予想通り午後から、この時季に多い雷雨に遭いました。ム-ミン谷で昼食・休憩中に強く振り出し、稲妻が光って雷鳴が轟きます。雨対策は万全で問題はありませんが、雷には困ったものです。昼食後、様子を伺いながら、コマクサが自生する大焼砂を、半時計回りに横岳に向けて歩きます。今回は、八合目P出発時から、小雨や曇り、時々晴れ間が射す...

... 続きを読む

* Category : 秋田駒ヶ岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,41 タヌキモ(狸藻)

青森県の絶滅危惧種No,41 タヌキモ(狸藻)

タヌキモ(狸藻)タヌキモ科の多年草。根はなくて池沼に浮遊し、球形の越冬芽をつくり、水底に沈んで冬を越す。葉は蜜に互生して左右に広がり、平面上に3~4回羽状に細裂する。多数の捕虫嚢(ほちゅうのう)をつけ、水中の微小な動物をとらえて消化吸収する。花茎は高さ10~25cm、広卵形の鱗片葉(りんぺんよう)をつける。7~9月、距(きょ)のある黄色の花を開く。果実は成熟しない。日本全土に分布する。名は、茎の先の葉が房状...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *