FC2ブログ

花一匁 K.Hanada

山野草&高山植物や撮り鉄などを主に掲載しています。

 

青森県の絶滅危惧種No,37 ムラサキミミカキグサ(紫耳掻草)

青森県の絶滅危惧種No,37 ムラサキミミカキグサ(紫耳掻草)

ムラサキミミカキグサ(紫耳掻草)タヌキモ科、タヌキモ属の一年草。地上葉はへら形で小さい。花茎は高さ5~15cm、鱗片葉と包葉は基部で茎につく。8~9月、距のある青紫色花を開く。小花柄は長さ2~6mm、萼は平滑である。湿地に生え、沖縄、小笠原諸島を除く日本全土に分布する。(Yahoo!百科事典より抜粋させていただきました) 青森県では重要希少野生生物Bランク、絶滅危惧Ⅱ類に選出され、環境省カテゴリでも準絶...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

散歩道の公園の桜が開花!!

散歩道の公園の桜が開花!!

いつもの犬の散歩道。長四郎公園の桜が昨日、例年より数日遅れで開花しました。ここの桜が開花すると弘前公園の外濠の桜もそろそろ開花です。        昨日の夕方、犬の散歩の途中で撮って見ました。17:50の桜の様子です。今日は所用で外出します。コメント欄は閉じさせていただきました。   以上です。  画像は右下クリックで拡大します。...

... 続きを読む

* Category : いつもの散歩道

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,36 ミミカキグサ(耳掻草)

青森県の絶滅危惧種No,36 ミミカキグサ(耳掻草)

ミミカキグサ(耳掻草)タヌキモ科、タヌキモ属の一年草。白い糸状の地下茎が浅い泥中をはい、小さな捕虫嚢をまばらにつけ、微小な動物をとらえて消化する。地上葉は線形、長さ0.6~1cmと小さい。花茎は細く、高さ7~15cm、まばらに鱗片葉をつける。8~10月、小花柄のある黄色の小花を数個開く。花冠の距は斜め下向きに湾曲する。花期後、萼は大きくなって果実を包み、耳かき状となる。花名は、この形を耳かきに見立てたという。丘...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

弘前城植物園は春の花々が咲いています(13.04.25)

弘前城植物園は春の花々が咲いています(13.04.25)

弘前公園内にある弘前城植物園。昨年の秋、菊ともみじ祭り以来の訪問で、懐かしい思い出のエリアです。雪が消えて間もない園内は、植物園らしく園芸種の花々が多く咲いていました。木々の花も綺麗です。 追手門から入って直ぐの植物園入口 リュウキンカ ミズバショウ サンシュユ キクザキイチゲ チヨノドクサ?花名が定かではありません ミスミソウ、やはり先日訪れた岩手県の自生種の方が綺麗...

... 続きを読む

* Category : 弘前城植物園

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,35 ミチノクコザクラ(陸奥小桜)

青森県の絶滅危惧種No,35 ミチノクコザクラ(陸奥小桜)

ミチノクコザクラは青森県の主峰「岩木山」に自生する高山植物です。 ミチノクコザクラ(陸奥小桜)サクラソウ科、サクラソウ属の多年草。花茎は高さ10~25cm。基本種のエゾコザクラや近似種のハクサンコザクラよりも葉や花がやや大きい。花は紅紫色で花数も多く5~10個茎頂につけ、稀に白花も見られる。草丈は全体的に大きく、葉も長さ5~15cm程である。岩木山の固有種とされるが、秋田県田代岳の湿った草地や雪田にも見られ...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,34 ホソバツルリンドウ(細葉蔓竜胆)

青森県の絶滅危惧種No,34 ホソバツルリンドウ(細葉蔓竜胆)

ホソバツルリンドウ(細葉蔓竜胆)リンドウ科、ホソバツルリンドウ属の多年生つる草。高さ約1.2m。葉jは対生し、広披針形または線形で先は長くとがり、質は薄い。9~10月、葉腋に白色で淡紫色を帯びた筒状花を開く。花冠は萼とともに四裂する。ススキ草原や林縁の藪に生え、北海道・本州・四国に分布する。環境省のレッドリストの危急種に指定されている。(Yahoo!百科事典より抜粋させていただきました) 青森県では重要希...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

湯段温泉「ゆだんの宿」で日帰り入浴(13.04.22)

湯段温泉「ゆだんの宿」で日帰り入浴(13.04.22)

昨日は病院の予約日でしたが早めに済んだので、5/12(日)開催の岩木山講座「スプリングエフェメラルの観察会」の下見を兼ねて、湯段温泉「ゆだんの宿」で日帰り温泉を満喫しました。静かな温泉で、一人の入浴はのんびり、ゆったり貸切です。 湯段温泉(ゆだんおんせん)弘前市の旧いわき町にある温泉。岩木山南西麓のブナやミズナラの広葉樹林に覆われた高原にあり、江戸時代から湯治場として利用されてきた。泉質はマグネシ...

... 続きを読む

* Category : 温泉でゆったり気分

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,33 フクジュソウ(福寿草)

青森県の絶滅危惧種No,33 フクジュソウ(福寿草)

おはようございます。昨日の天気と違い、朝から晴れている津軽地方です。フクジュソウは皆様のところでは普通に見られる山野草だと思いますが、青森県では自分が知る範囲では、自生箇所が何箇所も存在するのに、希少種に選定されている山野草です。  フクジュソウ(福寿草)キンポウゲ科の多年草。多数の堅い根をもつ短い根茎から数個の花茎を出す。花茎は初め短く、包葉状の葉に包まれて先端に1花をつけるが、やがて伸...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,32 ヒメホテイラン(姫布袋蘭)

青森県の絶滅危惧種No,32 ヒメホテイラン(姫布袋蘭)

ヒメホテイラン(姫布袋蘭)ラン科、ホテイラン属の多年草。山地帯~亜高山帯の針葉樹林下に生える。葉はしわがあり縁が縮れて花茎の根元に1枚つけ、大きさは2~4cm。高さは10~15cm。花は紅紫色で微かな芳香を放ち、本州中部に生えるホテイランの基本種とされる。青森県、北海道に自生し、森林開発や盗掘で数が激減している。青森県ではヒバ林下に生え、「ヒバ林の妖精」と呼ばれている。花名は唇弁の形が七福神の布袋様の腹に似...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

キタコブシ(北辛夷)が咲き始めました!!

キタコブシ(北辛夷)が咲き始めました!!

いつもの犬の散歩道。長四郎公園のキタコブシ(北辛夷)が先日(4/15)開花しました。昨日撮影した画像ですが、朝の散歩時は雨、昼に用事で通った時は晴れ、夕方の散歩時は夕日が射しこんでいたものの、上空は曇りでした。キタコブシはコブシと比べ、花や葉が大きめで、コブシの北方型とされています。中部以北の日本海側から北海道に主に自生します。  昼頃、用事で出かけた際に通りががり、撮って見ました 同じく...

... 続きを読む

* Category : いつもの散歩道

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *