FC2ブログ

花一匁 K.Hanada

山野草&高山植物や撮り鉄などを主に掲載しています。

 

ハヤブサ家族の平和な日

ハヤブサ家族の平和な日

花友Tさん宅近くのお寺の境内に立つ大きな松の木。そこがハヤブサの止り木になっています。山野草の撮影から別れて帰る時、偶然見えました。やや逆光気味でしたが、恥ずかしながら野鳥の撮影に挑戦して見ました。下手な上に一脚での撮影。結果はご覧の通りで、自分のカメラではこれが限度かも知れません。         ある日の平和なハヤブサ家族の様子です。      ママは上、パパは下の枝が居場所で、今...

... 続きを読む

* Category : 野鳥&猛禽類

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

岩木山の水鏡2景

岩木山の水鏡2景

津軽地方の今日は快晴の予報で、朝から日が射しています。りんごの摘花作業が終え、田植えもほぼ終盤になっていますが、未だ水が張ってある田圃に映る岩木山と、溜池に映る岩木山を、ご笑覧ください。                りんご畑を前に聳える岩木山が田圃に映っています                 岩木山環状道路手前の溜池に映る岩木山  今日は、この後で先日撮った猛禽類「はやぶさ...

... 続きを読む

* Category : 故郷の山 岩木山

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

ミドリニリンソウ(緑二輪草)は偶然に出遭いました。

ミドリニリンソウ(緑二輪草)は偶然に出遭いました。

先日、然ヶ岳の麓を散策しながら山野草の写真を撮っていた時、偶然に画像の中に入っていたミドリニリンソウ(緑二輪草)です。真っ白なニリンソウの群生を撮っていて、画像確認でディスプレ-を覗いたら、手前に1本緑色の花が入っていました。足元を見たら緑色のニリンソウです。八重咲きは何度か出遭った事がありますが、自分は緑色のニリンソウは初見です。もっと自生しているかもと、辺り一面を探してみましたが、この一輪だけ...

... 続きを読む

* Category : 然ヶ岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

然ヶ岳の山野草

然ヶ岳の山野草

今回は西津軽郡鯵ヶ沢町の然ヶ岳山麓に咲く山野草を紹介します。山麓には雪渓が残っていて、消え際に次々と花が咲き始めます。何度も同じ山野草が登場しますが、お付き合いください。                然ヶ岳山麓には一部で未だ雪渓が張り付いています   ニリンソウ(二輪草)。花弁が多いですね             スミレサイシン(菫細辛)                       ...

... 続きを読む

* Category : 然ヶ岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

白神山地の純白の花 アオモリマンテマ

白神山地の純白の花 アオモリマンテマ

世界自然遺産白神山地の前衛の山に今年も純白で清楚な花が咲いてくれました。アオモリマンテマは急峻な岩場に咲く、白神山地の白い妖精と云っても過言ではありません。 アオモリマンテマ(青森マンテマ)ナデシコ科マンテマ属の多年草。1968年に発見されたナデシコ科の新種で、氷河期の生き残りと考えられています。世界自然遺産白神山地保護の植物側の代表になった花です。高さが10cm~25cm、茎頭に径2cmほどの白い花を数個...

... 続きを読む

* Category : 然ヶ岳の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

岩木山の夕景(5月18日)

岩木山の夕景(5月18日)

昨日の夕方、志賀坊森林公園から岩木山の夕景を眺めてきました。津軽地方でも田植え前の短い期間、田圃に水を張りますが、岩木山に夕日が沈む直前から沈んだ後にかけて、空が染まり水面が染まります。ちょっと霞んだ天気でしたが、その様子をご覧下さい。                  18:38夕日が岩木山の右肩に落ちていきます                        18:46日没後の光景です ...

... 続きを読む

* Category : 故郷の山 岩木山

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

パワ-スポット 山の神が宿る十二本ヤス

パワ-スポット 山の神が宿る十二本ヤス

高校生の頃、西津軽郡目屋村の伝統的な猟法を守って共同狩猟を行う「またぎ」に話を聞いた事があります。山には山の神が住んで居るので、山に入る時は髭をそり、顔を洗い清潔にして山に入らなければ、山の神の怒りに触れると云っていました。そして「十二」という数字は山の神の神聖な数字なので、猟をする時は十二人では決して山に入らないそうです。どうしても十二人になる時は、藁人形を持参し十三人に見立てて入山すると、怪我...

... 続きを読む

* Category : 津軽のパワ-スポット

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

今日の岩木山

今日の岩木山

今朝の津軽地方は、朝霞が薄くかかる晴れの天気です。田植えの準備に忙しい農家の田圃には水が張られていて、岩木山の水鏡を撮ろうと試みましたが、やはり霞んでいる分、画像がはっきりしません。ご笑覧ください。                      朝霞で少し霞んでいます  そして昨日の夕方、岩木山の右端に沈む夕日を撮って見ました。夕方は風が強く、田圃の水は波立っています。    ...

... 続きを読む

* Category : 故郷の山 岩木山

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

弘前城植物園の樹木の花々

弘前城植物園の樹木の花々

今日の津軽地方は午前中が雨の確立50%、午後から曇りの予報です。先日(5/13)若葉萌える弘前公園をMTで回り、その後に弘前城植物園に立ち寄りました。春の山野草や園芸種の花も咲いていましたが、今回は樹木の花々を紹介させていただきます。尚、若葉萌える弘前公園の様子は下記をクリックしてご覧ください。     若葉萌える弘前公園⇒http://blogs.yahoo.co.jp/ydpcb263/15899879.html  ハナカイドウ(花海棠)...

... 続きを読む

* Category : 弘前城植物園

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

ひば林の妖精は今年も可憐に咲いています。

ひば林の妖精は今年も可憐に咲いています。

ひば林の妖精、ヒメホテイラン(姫布袋蘭)は林道の残雪が多く、昨年に比べ2週間程遅れての再会となりました。その姿は可憐で愛らしく、健気に咲いています。 ヒメホテイラン(姫布袋蘭)ラン科ホテイラン属の花で、主に青森県・北海道のひば林に見られる貴重な種です。高さは5~10cmと小さく1枚の葉を持ち、現在は環境省の絶滅危惧種に指定されています。自生する場所は主に津軽半島、及び下北半島のひば林の床です。 ...

... 続きを読む

* Category : ラン科の花々

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *