FC2ブログ

花一匁 K.Hanada

山野草&高山植物や撮り鉄などを主に掲載しています。

 

青森県の絶滅危惧種No,59 カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)

青森県の絶滅危惧種No,59 カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)

高山帯の瓦礫と草原が混在する片隅にひっそりと自生していました。撮影は7月中旬。他のイチヤクソウ科はほとんど咲き終わる頃です。 カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)イチヤクソウ科イチヤクソウ属の多年草。花期は7~8月。草丈は10~20cm、薄い赤みを帯びた白色の花が10~20個付く。花柱が曲がらないのが特徴。葉は円形または広楕円形で、葉柄に狭い翼がある。北海道から本州北部に分布、亜高山帯の礫地や草地に自生す...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,58 イイヌマムカゴ(飯沼零余子)

青森県の絶滅危惧種No,58 イイヌマムカゴ(飯沼零余子)

郊外の山に珍しい山野草が咲いていると、山友T君からメール。早速、同行して撮影しました。虫眼鏡で見なければ解らないほどの小さい花は、イイヌマムカゴ(飯沼零余子)。漢字表記は人名みたいな山野草です。 イイヌマムカゴ(飯沼零余子)ラン科ツレサギソウ属の多年草。花期は7~8月、草丈約30cmの茎の中ほどに、長楕円形で縁が波打つ大きな葉を2枚つけ、茎先に淡緑色の花を穂状に多数つける。唇弁はやや白く舌状である。...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,57 ヒメカイウ(姫海芋)

青森県の絶滅危惧種No,57 ヒメカイウ(姫海芋)

ミズバショウにしては小さ過ぎる湿生植物ですが、仏炎苞はしっかり持っています。既に花期は終盤のようでした。来期に期待したいと思います。 ヒメカイウ(姫海芋)サトイモ科ヒメカイウ属の湿生植物。別名はミズザゼン、ミズイモともいう。外観は小型のミズバショウの形態をしている。葉は卵心形~円心形で5~15cm、10~20cmの葉柄をもつ。花茎は15~30cmで上部に花弁や萼を欠く小さい黄色の雄花をつけ、その下に両性花があ...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,56 ムシャリンドウ(武佐竜胆)

青森県の絶滅危惧種No,56 ムシャリンドウ(武佐竜胆)

山野草観察で出遭ったムシャリンドウ。一度は観たい花でした。山野草は探して見つかる場合もあり、偶然に出遭う場合もあります。 ムシャリンドウ(武佐竜胆)シソ科ムシャリンドウ属の多年草。花期は6~7月。茎先に青紫色の花を付ける。茎は四角で株立ちし細かい毛があり、葉は線形で対生する。北海道から本州中部地方以北に分布。日当たりのよい草原に自生する。和名は滋賀県近江八幡市武佐町で最初に見つかった事に由来する...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *

青森県の絶滅危惧種No,55 セナミスミレ(瀬波菫)

青森県の絶滅危惧種No,55 セナミスミレ(瀬波菫)

以前、撮った事があるセナミスミレは撮影場所の記憶が定かではありません。おおよその位置や環境を推測しながら砂浜を歩き回り、やっと再会できた時は感激もひとしおでした。スミレに夢中になったのは久しぶりです。 セナミスミレ(瀬波菫)スミレ科スミレ属の多年草、別名イソスミレ(磯菫)。花期は5~7月。草丈は10~20cm。花の色は紅紫色で、色には濃淡の幅があり、花弁には丸みがある。側弁のつけ根に毛は生えないで、距...

... 続きを読む

* Category : 青森県の絶滅危惧種の山野草

Comment-open▼ * Comment : (0) * Trackback : (0) *